牛舎の構造から着想を得た
気軽&斬新なワークアウトジム

ファームステーションジム

12月17日(木)
千葉県八千代市に誕生

ファームステーションジム完成予想図

コロナ時代の新発想ジム

新型コロナウィルスの流行により屋内施設の利用が難しくなっている中、屋内のスポーツジムも同様です。
外出そのものが減少し運動不足を痛感される方も多いであろう今、ファームステーションジムは「半屋外ワークアウトジム」として安心して運動不足を解消できるジムとしてオープンいたします。

牛舎構造に着想

本施設最大の特長は、牛舎を参考にした建築構造。
明治20 年の創業以来、130 年以上の酪農歴を有する株式会社秋葉牧場を関連企業に持つがゆえに生まれた発想です。牛と歩んだ酪農家の長い歴史は、同時に幾多の感染症との闘いの歴史でもあります。感染症予防に最適な施設構造が現行主流の牛舎であり、その構造を元に設計されたのが、ファームステーションジムになります。

牧場のようなワークアウトジム

草木と風を感じる牧場のようなワークアウトジムであるファームステーションジム。
マシーンで汗を流し、その肌で自然の風を感じ、深呼吸しながら木々の香りを感じる楽しみ。自分のまちを楽しみながら汗をかく場所。自然の風と四季の草花を楽しみながら、本格マシーンで気持ちよく汗をかく、気軽に立ち寄れる半屋外型ワークアウトジムです」

アウトドア・ワークアウトジム

本ジムは今後、新業態である「アウトドア・ワークアウトジム」として、フランチャイズ制を採ることで全国各地への展開を構想しております。コロナ情勢は基より、都市化・高齢化が進み、健康増進がますます希求される昨今、気軽に立ち寄れる街中のジムとして、老若男女一人一人が幸せに暮らす「生涯活躍のまち」作りのお手伝いができれば幸いです。

 

ファームステーション